新人行政書士年収、私の場合

行政書士としての私の年収、皆さんはどんな風に感じましたか?

パソコンの画面を通して、「え~、士業でそれ?結構ショボいのね」という声がたくさん聞こえてきそうですが、仕方ありません。これが行政書士開業4年目の、私のリアル年収なのですから(イヤイヤ、自分では意外と頑張っていると思いますよ?)。
今、こちらのサイトをご覧の皆さんは、きっと“行政書士”“年収”などの検索でこちらにたどり着いた方々だと思います。

しかしながら、いかがでしょうか?

行政書士の年収を紹介しているサイトはネット上でゴマンと見かけますが、その中で本当に皆さんが知りたかったことを知ることが出来ましたか?

行政書士の平均年収や一般論を語るサイトはあっても、

「実際のところ、自分と同じような実務経験やコネのない人間が

行政書士として開業したらなったらどうなの?」

という疑問にピンポイントに答えてくれるサイトって、意外と少ないのではないでしょうか?

当の私も、行政書士受験生時代から年収についてのリアルなサイトを検索していました。

ですがほとんどの場合、欲しい情報は載っていませんでした。

本当に知りたいのは平均値でも、一部の成功者のサクセスストーリーでもないんですよね。

よ~く、分かります。

ほんの一例に過ぎないとはいえ、やはり知りたいのは「フツーの行政書士の年収」。

そう、あくまでリアルな数字なんです。

こうした背景から、一行政書士である私の年収を包み隠さずこのサイト上に綴ることに決めました。

私自身の経験を赤裸々に綴ることで、私と同じような駆け出し行政書士はもちろん、これから行政書士を目指そうという受験生の皆さんにとっても、きっと有益な情報としてご覧いただけるのではないかと思っています。

本サイトでは、行政書士の年収にまつわる一般的なステレオタイプの検証から

私のリアルな年収レポートまでを、幅広くご紹介しています。

あくまで個人的な経験談ですので、ここに綴る内容が“絶対”とか“正しい”とかということではありません。

リアルな行政書士の年収を一例に、「こういう人もいるのね~」、「私にはもっと稼げそう」などの軽い気持ちで読んでいただければと思います。

それでは、最後までどうぞお楽しみ(?)下さい!



次の記事へ ≫



▼予備知識不要で一発合格を達成できる通信講座▼