莫大な費用を投じるのは本末転倒

行政書士として開業したもののカネもコネもないという方は、今の時代そう少なくはないと思います。
巷では、独立開業が可能な士業資格の取得ブームがまだまだ続いているわけですが、そんな時代だからこそ、人生の一発逆転を狙って、何の後ろ盾もないままに行政書士の世界に飛び込むといったケースは、私を含め意外と多いのではないかと感じられます。

そもそも開業当初から見込み客があり、行政書士としてある程度の年収を確保できるであろう恵まれた新人は、ほんの一握りなのです。


 さて、こうした“ほんの一握り”に該当しない新人行政書士がいかにして顧客と出会うのかといえば、その手段のひとつとに「ホームページ運営」というものがあります。

インターネットが広く普及したこの時代、何か困りごとがあれば皆さんまずは「ネット検索」ではないでしょうか。ネット上にホームページを立ち上げることは、つまり、自分の分身としての営業担当に24時間稼働してもらえるのと同じこと。だからこそ、この分身を「使えるヤツ」として作り込む必要があるのです。


 行政書士として開業し、真っ先にホームページ作成に取り掛かる方も多いと思います。最近では「士業専門」を名乗るホームページ作成業者が増えてきており、こうした業者に一任して、見栄えが良くてSEO的にも効果のあるページを作成してもらう事務所も多いのですが、外注する際にはひとつ注意が必要です。

それは「コストをかけ過ぎないこと」。開業したばかりで資金的に厳しい状況であるにもかかわらず、40万も50万もホームページに費やしてしまうのは得策ではありませんよね。

また、ホームページは一度作ったらおしまいではありません。継続して効果を出し続けるためには、それなりの維持費がかかることも把握しておきましょう。


ホームページ作成に際し、まず考えておきたいことは「ホームページを使ってどの程度の広告効果を期待するか」という点です。

それなりに手広くやりたいのであれば先行投資として費用もそれなりになってまいりますが、当面は一人事務所で無理なくやられたいのであれば、そもそもそこまで集客をする必要はありませんよね。そうなれば、やはりコスト的にも抑えるべきであると言えます。


士業であっても起業家ですから、ビジネスにおけるコスト感覚は正しく持っておく必要があるでしょう。
現状の自己資金はどの程度か、ホームページでどのくらいの集客を目指したいのか、まずは明らかにしてみて下さい。同業者の立派なホームページを目にするとつい焦ってしまいがちになりますが、ここはひとつ冷静に、ホームページに対する自分の目的とコストをしっかりと見極めることから始めてみましょう。



≪ 前の記事へ  次の記事へ ≫