「サポーター」は積極的にみつけるべし

行政書士を始めとする士業は、いずれも「○○会(行政書士であれば行政書士会)」への登録が必須となっています。こうした会に登録すると、定期的に総会や研修会、イベント等へのお誘いが来て、自然と縦横のつながりが生まれてくるものです。


士業ビジネスの指南書の類には「行政書士として一人前の年収を稼げるようになるまでは、先輩から仕事をもらうべし」などと書かれているものも多いため、おそらく開業前や開業したての方であれば「そうか、先輩から仕事をもらえたりするのか」と淡い期待を抱き、積極的に先輩に取り入ろうとする新人も少なくありません。


 しかしながら、士業の世界はそんなに甘いものではありません。先輩、後輩といえども、独立開業する同業者であればやはり「ライバル」。
生き残りの厳しい業界ですから、このご時世、「後輩に仕事を譲ってやろう」というような奇特な先輩はおそらくごく少数なのではないかと思われます。


むしろ、新人行政書士である程度の年収を稼いでいるであろう後輩を妬み、
「新人のうちは大々的に営業活動をするべきではない」
「自分の仕事よりもまずは行政協力をすべし」
などの間違った助言をする先輩も、残念ながらいらっしゃるようです。
この手の先輩は仕事を回さないばかりか、モチベーションの部分への攻撃まで仕掛けてくるという、非常に厄介なタイプ。身近な方に少しでもこのような臭いを感じたら、すぐにでも距離を置くことをオススメします。


 一方、新人行政書士が年収増のため、ぜひとも味方につけたい先輩とはズバリ“仕事を与えてはくれないまでも、実務をこなす上での手助けをしてくれる存在”です。特に実務未経験でこの世界に飛び込む方であれば、こうした実務上のサポーターは必要不可欠。何かしらの仕事を引き受ける際にも、「困ったら先輩がいる」と思えれば心強いのではないでしょうか。

もちろん、先輩に甘えっぱなしではいけません。自分では対処しきれない案件は率先して先輩に回す(もしくは一緒にこなしてもらって報酬は先輩へ)、お中元やお歳暮は欠かさない等の礼を尽くすことを忘れてはなりません。


≪ 前の記事へ  次の記事へ ≫