行政書士は仕事がないという噂の真相

仕事がないケースは珍しくはない

行政書士になることがクローズアップされてから、かなりたくさんの噂が流れているそうですね。
行政書士になったら仕事がないという情報から、行政書士になると仕事もお金もたっぷりと入ってくるという噂までありとあらゆる種類の噂が飛び交っているのではないでしょうか。

行政書士について「仕事がない」というケースは、あるのかないのかと訊かれたら、「行政書士になって、仕事がないケースはある」と答えるしかありません。それは真実です。

しかしそれは最近目立ってきたことだとも言い切れません。つまり最近になって、行政書士という仕事が世間から評価されなくなってきたのでもなく、行政書士の人数が飽和状態に達していて新規参入する望みが潰えてしまったのでもありません。

元来、行政書士の世界は、年収300万円に満たない人たちがけっこういるといわれていました。
しかし同時に、年収が前職よりひと回り以上アップした人たちもいたわけです。

そしてもちろんそこそこの安定した収入を稼げている人たちも中間層としていました。
行政書士になっても仕事がない、という情報は行政書士の世界の一端を表現していますが、それが全部ではないのです。

行政書士に受かってからのことを想像すると確かに心配に駆られるのは誰でも経験することです。
仕事がない行政書士になってしまうことを防止するにはどうすればいいでしょうか?

仕事がない!を防ぐには?

行政書士の勉強をしている間から、少しずつ受かったあとの準備を進めておくことも悪くはありません。
勉強だけで手がいっぱいになってしまうかもしれませんが、それでも息抜きついでに合格後のことを決めていくことはできるはずです。

就職をしたいならどんな可能性があるのかを検索しておくといいですし、開業に挑戦したいならどのあたりで、どんな行政書士事務所を開くべきかを調査しておくといいでしょう。

たとえば女性であれば、女性に相談したいと思われやすい仕事を想定して特にその分野について準備を固めていくような工夫が効果的でしょう。
女性の顧客は女性の行政書士を選ぶ傾向はありますし、特に離婚問題の相談や離婚のための書類作成であれば、なおさらですね。

これは一例にすぎませんが、こういった形で知恵を絞っていけば、仕事がない行政書士になり果ててしまうことは予防できるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする