行政書士の本試験が終わったら

日本行政書士会連合会への登録

行政書士試験に合格したからといって、即、行政書士になれるわけではない。
日本行政書士会連合会の行政書士名簿に登録を受ける必要があるからだ。

  1. 行政書士資格を取り、かつ
  2. 日本行政書士会連合会に登録して

はじめて、行政書士として仕事ができるようになるのである。
行政書士の業界は、頂点に、日本行政書士会連合会という組織があるが、ここは、全国の行政書士会の統括をする組織で、行政書士登録を行う機関でもある。

そしてその下に、各都道府県の行政書士会があり、これは東京都行政書士会、大阪府行政書士会といった組織である。

日本行政書士会連合会への登録は、各都道府県の行政書士会を経由して行われるが、このときに、同時に各都道府県行政書士会に入会することになっている。
都道府県行政書士会の会員にならずに、日本行政書士会連合会に登録することはできないシステムになっているわけである。

更に、各都道府県行政書士会の下部組織として、支部が設けられていることもある。

東京都の場合、「渋谷支部」「世田谷支部」といったものだ。こちらも、行政書士会に登録するときに、自動的に入会することになっている。

登録する?登録しない?

さて実際は、行政書士試験の合格者全員が行政書士登録をするわけではない。
行政書士試験に受かっても、登録しない人は多いのである。

同様に、弁護士や税理士といった人は、同時に行政書士資格を所持しているのだが(弁護士資格や税理士資格の所持者は、行政書士となる資格を有している)、行政書士登録をしている人は稀である。

では、なぜ行政書士登録をしないのだろうか?

それは、行政書士登録にはある程度の費用が発生するからである。
登録の際に費用がかかるだけならよいが、その後継続して、毎月の都道府県行政書士会の会費がかかるのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする