開業半年後・・・リアルに悩む

開業当初はアルバイトも行った

行政書士として開業してから6ヶ月を過ぎた頃は、今振り返ると精神的にかなり辛い時期だったと思います。
「行政書士で年収500万円」の目標は開業当初から掲げてきましたが、この頃の収入といえばやっと同年代のサラリーマンと並ぶ程度

開業以来、ずっと私の身を案じていた母は 「行政書士の年収なんて、やっぱり知れとるじゃないか」と相変わらずな様子でした。
手元にあった開業本には、体験談として「半年を過ぎた頃には60万に」なんて書かれていたものだから、そりゃ焦りました。
行政書士で年収1000万レベルの人のサクセスストーリーは、刺激にはなるがあまり参考にはならないような気がします。

行政書士として開業半年目からは、生活の安定のためにアルバイトを開始した時期でもありました。
いや、“生活のため”というのは大義名分で、実際は稼動できない時間をやり過ごすための言い訳が欲しかったのかもしれません。
もっとも、バイトで稼いだお金で交流会や勉強会に参加できたので有益ではありましたが。

行政書士は”専門性”を武器にできる

また、いくつか相談業務を受けているうちに、専門性への必要を強く感じるようになり、介護・福祉分野の業務について積極的に勉強し始めたのもこの頃です。
行政書士の仕事はかなり範囲が広いので、自分の専門分野を決めてしまう方が楽になるし、お客様にとってもその方が良いだろうと考えるようになったのです。

実際に行政書士で高額年収を得ている人のほとんどは、専門性を強みにしています
行政書士で年収500万、厳しいなぁ~ そんなことを痛感しながら、バイトに勉強にあれこれ奔走していた開業半年目でした。

結論

行政書士開業6ヶ月目は、悩み多き時期。
でも、何となく方向性が定まってきたぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする