Skip to content

新人行政書士の年収!徹底検証サイト

さて、行政書士で年収アップを狙う皆さんにとって、第一の関門となるのは「資格取得」。
行政書士として働くためには当然、行政書士資格の取得が必須ですし、本サイトを訪れている方の中にも「実は資格取得はまだ・・・」といった方は多いのではないでしょうか?
行政書士資格で、年収アップは確実に狙えます。まずは安心して、資格取得にコマを進めましょう!
さて、行政書士試験対策として最近注目されているのが「通信教育」という学習法です。

難関国家資格対策というと、少し前までは「予備校通学」が定番でしたが、ここ数年で状況はガラッと変わり、何かと忙しい社会人を中心に「通信教育」で学習を進める方がぐんと数を増しているようです。
「でも、通信教育って何だか怪しげで不安」「行政書士試験ってかなり難しいけれど、通信教育で本当に対策できるの?」等、通信教育については「あまり信用できない」といったお声も多いでしょうが、本ページでは「行政書士試験になぜ、通信教育が注目されているのか」に的を絞ってお話しさせていただくことにいたしましょう。

通信教育講座の最大の良さといえば、「プロの講義を自分のペースで受講できる」といった点にあります。
資格学習の定番だった予備校通学の場合、講座開講の曜日や時間が決まっているため、仕事やプライベートの都合をつけて何とか講義に出席しなければなりません。
長丁場に渡る難関国家資格対策をやり切る上では、長期的に見てかなりの負担になること間違いなしです。

一方、「マイペースでやるなら独学が良いのでは?」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらは教材やカリキュラムの面で大きな不安、リスクがあります。
行政書士試験においては受験素人の皆さんが、教材選びや学習スケジュールの管理等、果たして完璧に出来るでしょうか?

本試験においてはプロの指導を受けてきた受験生と戦うことになりますが、本当に大丈夫でしょうか?
このように、予備校通学ならではの「時間的拘束」、独学特有の「学習に関する不安」といった問題点を見事にクリアするのが、通信教育講座であると言えるのです。

▼予備知識不要で一発合格を達成できる通信講座▼