おすすめの行政書士通信講座6選

行政書士は通信講座で合格を目指すのがとても合理的。とはいえ、通信講座を探したら、時間をかけなくてもやたらにたくさん見つかってしまいませんか? 「申し込み先を決められなくて迷う」そんな方のために、有名な通信教育の6会社の出している講座をピックアップしました。

この6社間の講座の優劣に関しても、最後まで読んでいただくと何となく見えてくるように書いています。

※ちなみに、同じ会社の中にも講座がたくさんあるのが今では常識ですね。早い話、どこかの会社をおすすめされても……その会社の講座を今度は自力で、選び出さないといけません。その点でも悩んでしまう方のために、各社の主力となっているコースをまとめてご紹介します! 

行政書士をフォーサイトの通信講座で受けると?

フォーサイトの通信講座は、講座の種類はたいして多くありません。

初チャレンジでも全範囲を学習できる講座

  • バリューセット1 2021年試験対策(基礎+過去問講座):税込52,704円
  • バリューセット2 2021年試験対策(基礎+過去問+直前対策講座):税込74,304円
  • バリューセット3 2021年試験対策(基礎+過去問+直前対策+答練):税込95,904円~

テキストや問題集が分厚いわけでもなく、DVDの講義時間も長くありません。しかしこれだけで間に合うくらい完成度が高いです。
フォーサイトでは、試験問題を精密に研究して、必須範囲だけを残して合格ラインをクリアできる内容を毎年目指しています。

このようなやり方でも間違っていないことは、毎年の高い合格率が証明しています。

行政書士をLECの通信講座で受けると?

LECという会社は通学講座と通信講座、両方で熱心に宣伝している会社ですね。

初チャレンジでも全範囲を学習できる講座

  • パーフェクトコース:235000~270000円
  • パーフェクトコースSP:255000~293000円

勉強の経験がある志望者のための講座

  • 横溝プレミアム合格塾:税込297,000円
  • 横溝プレミアム合格塾 Plus:税込341,000円
  • 180点アルティメットコース:税込128,150円

その他、コンパクトな講座

  • S式合格講座:45,000円

……いちおう、現在申し込めるコースの中から、主だったものだけを抜粋しましたが、これでも数年前と比べたらコースの数自体はおそらく減少しているのではないかと思われます。

LECは行政書士の講座を開いてからの歳月も長く、講師の人数も常にたくさん抱えています。参考書の出版にも熱心な会社です(アマゾン等でもチェックできます)。利用していると、手に入るものはたくさんある会社ですね。

もっとも、現在の通信講座においてはどうでしょうか? 1コースだけで間に合うとは限りません。「有名なLECだから安心」とは思わずに、油断せずに勉強すべき。必要に応じて他社の講座も使うべきでしょう。

行政書士をTACの通信講座で受けると?

TACも行政書士の通信講座会社として、LECとよく並び称される存在。TACは行政書士だけでおそらく30年は休みなく指導を続けています。通学形式の教育事業者として出発しているため、今でもキャンパスでの指導が主体です。通信の受講生にもときおり、自習室の提供等をやっていますね。

初チャレンジでも全範囲を学習できる講座

  • プレミアム本科生:税込259,600~税込280,500円
  • プレミアム本科生Plus:税込284,900~税込308,000円

勉強の経験がある志望者のための講座

  • スーパー答練本科生Success:税込181,500円~税込270,600円
  • スーパー答練本科生:税込128,700円~税込189,200円

その他の講座

  • 行政書士実務講座:税込96,800円

TACは近年、コースをだんだんと統合しつつある模様です。数年前は、もっと細かな講座に分かれていましたね。その分、だいぶ選ぶ側にとっては「わかりやすくなった」「迷わなくなった」というメリットが生まれていることになりますが。

ただTACは、コース自体は同じ名前でも……教材等の違いで細かく分かれている点が厄介かもしれません。

教材が変わるだけでも、学習の効果が変わることだってあります(もっともこの点は、どちらかというと受講生ひとりひとりの好き嫌いに依存する問題かもしれません)。そして、教材が変わるだけで費用が変わる点もポイントです。数万円変わることもあるのが実情ですから。

結論としては、TACは慎重に選んで決めるべき通信教育会社です(とはいえ、まずは申し込まないと中身の違いは実感できませんし……これはなかなか簡単には解決できない問題といえます!)、

行政書士を大原の通信講座で受けると?

大原の通信教育は、教材の制作やサポート等でそつがありません。やや地味な印象がありますが、安定感のある通信教育を長年開講してきました。

初チャレンジでも全範囲を学習できる講座

  • 行政書士入門合格コース:税込208,780~税込230,780円
  • 行政書士速修合格コース:税込181,280~税込203,280円
  • 行政書士30合格コース:税込84,800円
  • 行政書士30:税込59,800円

勉強の経験がある志望者のための講座

  • 行政書士経験者演習合格コース:税込160,000円

その他の講座

  • 行政書士30(コース生専用)税込15,800円

大原の行政書士講座は、LECやTACと比べると正反対の方向性をたどっているようです。大原は講座をいまだにたくさん開講しています(まったく異なる講座をたくさん持っているのではないですが。近い種類の講座を、あえて複数に分けて販売しようとする姿勢がうかがえます)。

また、大原はオーソドックスな講座と比べて限られた時間で、限られたカリキュラムで学ばせようとするコースが多いですね。

学ぶ範囲や、出題する分量が半分くらいというコースがいくつもあるため、学力を短期で伸ばしたい向きにはおすすめできます……ただ、そのような講座は単体で使うのではなく、他のコースで足りない部分を補うために使うほうが安全でしょう。

行政書士をクレアールの通信講座で受けると?

クレアールは、「新合格方式」および「非常識合格法」をスローガンにしている会社ですね。
もっともクレアールは、とてもユニークなことをやっているわけではありません。最短期間での合格を目指していることは事実ですが、これは他社にも出てくる特徴です。

初チャレンジでも全範囲を学習できる講座

  • 初学者対象コース:税込169,000円
  • カレッジ2年セーフティコース:税込230,000円

勉強の経験がある志望者のための講座

  • 学習経験者(中級)対象コース:税込159,000円
  • 学習経験者(中級)対象2年セーフティコース:税込220000円
  • 学習経験者(中上級)対象中上級W受講コース:税込161,000円
  • 学習経験者(中上級)対象中上級W受講2年セーフティコース:税込225,000円
  • 学習経験者(上級)対象コース:税込140,000円

その他、コンパクトな講座

  • 学習経験者対象答練マスターコース:税込59,000円

クレアールは、現在の行政書士通信講座の業界では、老舗に入るかもしれません。とはいえLECやTACと異なり、講座を過去10年以内に大幅に変更してきたという歴史があります。

それと現在のクレアールでは、長期的なコースが主体となっている点は注目に値します。行政書士の勉強では一発合格が難しいため、数年越しの計画を立てることは間違いではありませんが……逆に言うと、1年未満での合格をどうしてもしたい向きには、最近のクレアールは満足できない可能性があります。

また、コースがやや多くなりすぎていて、1回くらいリストを見ただけでは違いがわからなくなっています。

行政書士をアガルートの通信講座で受けると?

アガルートは通信講座専門の会社ですが「オンライン講義を中心とした資格予備校」を自称している会社。まだ5年を軽く超えた程度の社歴しかないのですが、すでにご紹介した大原やTACのような社歴が長大なライバルたちに匹敵する人気を手に入れています。

初チャレンジでも全範囲を学習できる講座

  • 入門総合講義:184,800円(税込)
  • 入門総合カリキュラム(フル):261,800円(税込)
  • 入門総合カリキュラム(ライト):228,800円(税込)
  • 演習総合講義:228,800(税込)
  • 演習総合カリキュラム(フル):305,800円(税込)
  • 演習総合カリキュラム(ライト):272,800円(税込)

勉強の経験がある志望者のための講座

  • 上級総合カリキュラム(フル):305,800円(税込)
  • 上級総合カリキュラム(ライト):272,800円(税込)

その他、コンパクトな講座

  • 定員制ゼミ:33,000(税込)

アガルートの通信講座は、いくつもの講座をまとめて申し込むような独特のスタイル(過去問の分析や模擬試験といったパーツがつくられています)で成り立っています。行政書士の試験範囲は広くて細かいことで有名です。しかもオールラウンドな勉強をしないと受からない仕組みになっています。その点をアガルートでは、コースの構成に忠実に取り入れている、そう考えるとわかりやすくなるでしょう。

残念な点があるとしたら、いちばん基本のコースとなる「入門総合講義」が175時間もあることでしょうか。残りの講義をじっくりとやり込む時間がなくならないように、計画的に受講しないといけません。

6つの行政書士通信講座の中からどれかに絞るには?

ここまでの6社の通信講座は、そろって優良な講座だらけです。しかしこの中から、申し込みするのは1社しかありませんね。

講座選びで優先順位が高いのは以下の点です。

・限られた時間で合格しなければならず、カリキュラムが多すぎると不利
(1年以上続けて学べる講座は便利だが……時間がどうしても犠牲になる)
・1社で何コースもあると、それだけで迷ってしまって困らされる
・高額の会社はそれだけで、失敗したときに失うものが大きすぎる
・他の講座の力も必要となりそうな講座は、最適な講座ではない

……これらの項目を改めて振り返ると、大手のスクールの講座はベストな選択ではないという結論になりそうです。もちろん大手にはいろいろと利点がありますが、ベストの選択肢は「単一のコースだけで、短時間で勉強を終わらせてくれる通信講座」という結論になると思われます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする