コロナウイルスにも負けない!自宅で完結できる行政書士の試験対策~スマホ編~

2020年からの新型コロナウイルス感染拡大の影響で、不要不急の外出自粛が推奨される中、行政書士の資格学校に通いづらい人も多いでしょう。しかし行政書士の勉強は、今やスマホさえあれば、自宅完結で進められます。完全在宅でもスマホで行政書士の勉強をする方法をまとめてみました。

新型コロナの最中でも行政書士の勉強は自宅でできる

2020年の新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、私たちの生活は大きく変わりました。しかし現在は、行政書士の勉強もスマホを使えば、自宅完結で勉強を進められます。

現在はデジタル技術が発展しており、資格勉強を専門にしたオンライン授業や、勉強アプリが多数ヒットしています。行政書士を目指している人も、スマホの活用で、資格学校と同じぐらい勉強を進められるでしょう。

現在も感染拡大防止の観点から、不要不急の外出を自粛する傾向は強いようです。学校に行きたくてもウイルスにかかるのが怖くて通う気になれない人も多いでしょう。しかしスマホを使えば、わざわざ資格学校に通わなくても充実した勉強ができます。

本記事では、新型コロナの影響に負けないで、自宅完結で勉強ができる方法をまとめました。

スマホで行政書士の勉強ができるメリットは?

スマホで行政書士の勉強を進めるメリットは主に2つです。ひとつは、資格学校と自宅を往復する時間を節約して勉強に回せること、もうひとつは普段の通勤時間も勉強に活用できることが挙がります。

新型コロナウイルスが収束して生活が元通りになっても、スマホを有効活用すれば、有意義な勉強が可能です。2つのメリットについて詳細を解説します。

資格勉強のための教室へ移動しなくてよい

スマホで行政書士の学習アプリをダウンロードできれば、資格勉強のための教室へ移動する必要はありません。自宅完結で勉強が進められるのがメリットです。

資格学校へ通うには、服装や身だしなみの準備から始まり、自宅からそこへ向かうための移動時間も往復でかかります。移動だけで往復1時間以上かかる人もいるでしょう。

しかしスマホでの勉強に移動時間はありません。自宅完結なら移動にかかるはずの時間も勉強に活用できます。以上からスマホの学習アプリは、移動時間の節約というメリットにつながるのです。

通勤時間も勉強に使える

スマホの行政書士学習アプリを使えば、通勤時のスキマ時間も勉強に使えます。アプリを起動するだけで準備が整うので、いつでもどこでも学習ができるからです。

たとえば、自宅から勤務先に向かうだけで片道1~2時間かかる人も多いでしょう。1本の電車だけで30分以上かかる人もいます。

電車の中でテキストやノートを出すのは面倒で、他の乗客にも迷惑になるでしょう。そのときに行政書士の学習アプリを起動し、勉強を進めるだけでも、通勤時間を充実させられます。

スマホ操作だけで学習できることは、通勤時間の有効活用につながります。

スマホで完結する試験対策には「ManaBun」がおすすめ


スマホによる行政書士の勉強なら、フォーサイトのeラーニングアプリ「ManaBun」がおすすめです。行政書士だけでなく宅地建物取引業者や社会保険労務士などさまざまな資格学習を扱っており、クオリティの高さから人気を集めています。

オンライン授業が本格的で、講師陣もハイレベルです。テキストもフルカラーで見やすく、自宅でじっくり勉強したい人に最適でしょう。

スマホで完結する試験対策として、ManaBunは理想的です。気になる人はこれからアプリをダウンロードしてみませんか。

ManaBunの講義内容は?

ManaBunが展開する行政書士通信講座は、スマホやパソコンを使うだけで講義やテストを受けられます。プロの専任講師だけでなくバーチャル講師が登場するなど、オンラインならではの取り組みに注目してください。講義の特徴について解説します。

スマホやパソコンで講義やテストをチェック

ManaBunなら、パソコンやスマホで講義を聴いたり、テストを受けたりできます。

動画による講座は、短期間で充実した学習を進めたい人に適した仕様です。テキストはフルカラーで見やすく、内容も充実しています。過去10年にわたり出題された行政書士試験の問題を徹底分析しており、本番に近い内容を学習できるしくみです。

アプリでは一度の講義のまとめとして、チェックテストを受けられます。さらに複数回のチェックテストのまとめとして、確認テストも自宅で受けられるのです。

ManaBunの行政書士講座では、アプリひとつで本格的な講義やテストを経験できます。

プロの専任講師やバーチャル講師が充実している


ManaBunの行政書士講座では、プロの専任だけでなくバーチャル講師も登場するなど、オンラインならではの充実ぶりです。

運営元のフォーサイトでは専任講師の採用率が40倍と高く、採用後も徹底した研修を続けるなど、受講者に本格的な授業を聞かせる取り組みを行なっています。

通信教育業界としては初のバーチャル講師にも注目しましょう。プロ講師の監修にもとづき、プロの声優が声を担当していることから、楽しい雰囲気と有意義な内容で勉強できます。

ManaBunならではの充実した講師陣も、我々が安心して勉強できる秘訣です。

ManaBunのテキストに触れてみよう

ManaBunのテキストはフルカラーで見やすく、初めて行政書士の勉強をする人でも取り組みやすいでしょう。読んでいる人がイメージしやすいように、内容にもさまざまな工夫があります。テキストの特徴について見ていきましょう。

テキストはフルカラーだから見やすい

テキストはフルカラーで見やすいので、行政書士を初めて勉強する人でも取り組みやすいでしょう。

皆さんはテキストのページが黒い文字ばかりで書かれていると、どこが大切なポイントかが分からなかったり、読みごたえがなくて勉強が苦痛に感じたりしないでしょうか。

しかしManaBunのテキストは図解にさまざまな色を使ったり、重要箇所を赤文字で協調したりして、読む人が見やすいように工夫しています。このようにフルカラーのテキストのおかげで、スムーズに勉強を進められるでしょう。

図解やイラストが多くて分かりやすい

ManaBunのテキストは、図解やイラストが多くて分かりやすいのも特徴です。ひとつの事象について解説の文章がダラダラと続くよりも、図解やイラスト、写真などが入っていることでイメージしやすいでしょう。

たとえば仕事のプレゼン資料でも、文字だけより、図解やイラストなどを使って説明する方が分かりやすいといえます。ManaBunではそれらが効率的に使われているので、仕事ができる人のプレゼンのように分かりやすいでしょう。

図解やイラストの多さも、ManaBunのテキストが親しみやすいポイントです。

具体的な事例で物事をイメージできる

ManaBunのテキストは具体的な事例を挙げてくれるので、物事をイメージしやすいでしょう。

フォーサイトによると、近年の行政書士試験でも事例を挙げたタイプの問題が増えており、テキストを作るときはストーリーで分かるようにしているそうです。

行政書士の試験では専門用語が多く、しっかり理解していないと解けない問題が多いのですが、文字で説明されても理解できないこともあります。そこで事例を交えていると、やっと意味が正確に分かる人も多いのではないでしょうか。

ManaBunは学習者があらゆることを理解できるように、具体的な事例を積極的に取り入れています。

問題演習もスムーズにこなせる

ManaBunではスマホで問題演習をスムーズに進められます。テキストで学んだことをすぐに解けるだけでなく、正しい解き方を学ぶための工夫も凝らしてあります。問題演習の特徴をまとめました。

テキストで学んだことをすぐに問題で解けるしくみ

ManaBunでは、テキストで勉強してからすぐに、同じことについてのテストを受けられます。すぐにテストに入れるしくみで、物事を深く理解できるのです。

ひとつの講義を受けたら、チェックテストを受けられます。こちらは〇×形式で3回正解すると王冠マークがつくなど、知識の定着も分かりやすいでしょう。チェックテストのまとめとして確認テストも受けられ、こちらは100点満点の形式です。

このようにテキストで学んでからすぐにテストに行ける体制も、ManaBunの取り組みやすさにあたるでしょう。

解き方・考え方・時間目安で得点アップを狙える

ManaBunの過去問題集では、解き方や考え方を丁寧に解説しています。問題あたりの解答時間の目安も設定しており、攻略法を覚えやすいでしょう。

問題の答えとその理由だけでなく、解き方まで教えてくれるテキストは貴重でしょう。解答時間の目安も設けているので、時間配分も身につけやすいです。試験本番での時間切れのリスクを抑えられるでしょう。

本番で実力を出し切れるように、攻略法を本格的に設けてあるのも、ManaBunのポイントです。

まずは無料体験を受けてみよう

ManaBunでは無料体験を受けられます。本当に納得できる内容か不安なら、無料体験で感触を確かめてみましょう。

無料サンプルではテキスト、問題集、講義などを体験できます。入会前からManaBunの雰囲気に本格的に触れられるので、通信講座を受けたことがない人でも安心できるでしょう。

通信講座は入会してから相性が悪いと分かってしまうと、お金の無駄になりかねません。金銭や時間的なリスクを抑えるためにも、無料体験から入るのも選択肢です。

自宅学習のデメリットに対処する方法は?

スマホでの自宅学習では、データ容量が減ってしまうことや、勉強を後回しするクセがデメリットになります。しかしデメリットは適切な対処法を使えば解決できるでしょう。

自宅学習のデメリットは?

自宅学習のデメリットは2つかあります。スマホのデータ容量が減ってしまうことと、自宅では勉強を後回しするクセが出やすいことです。

スマホ契約にもよりますが、データ量の制限を受けるとアクセスのスピードが遅くなります。その場合は、オンラインでの学習もスムーズに進められず、モチベーションが下がるでしょう。

自宅完結の学習では、ついつい勉強を後回しするクセにも注意です。資格学校と違ってスケジュールは勉強する本人が自主的に決めます。しかし「仕事で疲れた」「面倒くさい」などと先延ばししてしまう人もいるでしょう。

以上のデメリットは自宅学習に悪影響なので、対処法を覚えることが重要です。

データ量はWi-Fiで節約できる

スマホのデータ量は、Wi-Fiを使えば節約できます。可能なら自宅のWi-Fi環境の整備を行うとよいでしょう。またはスマホばかりでなく、パソコンを使って学習する習慣もつけたいところです。

外出先で勉強するなら、カフェのようなWi-Fiに対応しているところを優先してください。環境整備や場所選びから、データ量対策は可能です。

後回しするクセは「小さな目標達成」で抑えよう

勉強を後回しするクセは、「小さな目標達成」で抑えられます。この積み重ねが、勉強のやりがいのもとだからです。成功体験を重ねることが生きがいになり、勉強を苦にしなくなるでしょう。

資格勉強に必要な時間を無駄に過ごさないためにも、小さな目標を立ててクリアできる計画を立て続けてください。

まとめ

新型コロナウイルス感染拡大の影響の中で、行政書士の資格学校に通いづらい人も多いでしょう。しかし今では、スマホを使えば行政書士の試験準備はできます。

中でもおすすめはフォーサイトのeラーニングアプリ「ManaBun」です。コンテンツが充実しており、問題の解き方も学べるからです。独学で生じるデメリットは、Wi-Fiによるデータ量の節約や小さな目標達成の積み重ねなどで対応できます。

これから行政書士の勉強をしたいなら、ManaBunを利用してはいかがでしょうか。

【リンク先】
https://www.foresight.jp/trial/?gyosei

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする